おいしいレシピ

オレンジ・ルイボスティー

おいしいレシピ

オレンジ・ルイボスティー

「はちみつとレモンルイボスティー」はアイスでもホットでも楽しめる定番メニューですが、 今回はもう少し手の込んだ、冷たいルイボスティーです。
オレンジジュースとジンジャーエールを加えることで、とてもさわやかなドリンクに早変わり。
夏のビタミン補給や休日の午後のお供にいかがですか?

<材料(グラス約3杯分)>
  • 温かいルイボスティー・オリジナル:500cc
  • はちみつ:小さじ1~大さじ1(お好みで)
  • オレンジジュース:100cc
  • レモンの絞り汁:大さじ1
  • ジンジャーエール:50cc~(お好みで)
  • オレンジ・レモンのスライス:適量
<作り方>
  1. やや濃いめの温かいルイボスティーにはちみつを混ぜて溶かします。
  2. 冷蔵庫で冷やし、オレンジジュースとレモンの絞り汁を混ぜます。
  3. 供する寸前にジンジャーエールを加えます。
  4. グラスにオレンジとレモンのスライスを飾ります。
ジンジャーチャイ

しょうがの風味が効いた、体が温まるチャイ。
風邪をひきそうな時にもおすすめです。 スパイス無しで、レモングラスとしょうがのみでもおいしく召し上がれます。
ルイボスティーで作ればノンカフェインですので、体が冷える夜には眠る前にスパイス抜きでどうぞ。

<材料(カフェオレボウル約2杯分)>
  • 牛乳:3カップ
  • 水:3カップ
  • ルイボスティーオリジナル(茶葉):スプーン3杯
    (もしくはティーバッグ 3包)
  • 砂糖:スプーン3杯~お好みで
  • シナモン(粉)、クローブ(粉)、カルダモン
    (粉または粒を潰して):合わせて小さじ1/4~1/2
  • レモングラス(乾燥):5g
  • しょうが 5g~お好みで
※お好みで黒胡椒を加えると、よりスパイシーに仕上がります。
※牛乳と水の割合は調節して、お好みの風味を見つけて下さい。
<作り方>
  1. しょうがは皮をむき、細かく刻みます。
  2. 鍋に材料を全て入れ、吹きこぼれないように気をつけながら火にかけます。
  3. 沸騰後火を弱め、3~4分間煮ます。
  4. 熱いうちに茶漉しでこし、カップに注ぎ分けます。
ルイボス・サングリア

本来は赤ワインにフルーツを漬け込んで楽しむ、スペインの飲み物。
おもてなしの前日に準備しておけば、きっと「おいしい!」と言っていただけるはず。
ジュースやフルーツの組み合わせや漬け具合によって、様々な味が楽しめます。
暑い夏にはぴったりです。

<材料(グラス約7~8杯分)>
  • フルーツジュース2~3種類:合計1リットル ※1
  • ルイボスティー(煮出し用)または赤ワイン:500cc
    (お好みで調整)
  • シナモンスティック:1本
  • 砂糖:大さじ3杯
  • ライム・オレンジ・りんご:各1/2個 ※2
※1 クランベリー、ブラッディ・オレンジ、ブルーベリー、オレンジ、アップル、アセロラなど果汁100%のもの。果肉が入っているとさらにおいしくなります。
※2 ジュースとフルーツを漬け込んでおき、飲む前にルイボスティーまたは赤ワインで割る、というスタイルを取れば、小さなお子様やアルコールの苦手な方がいらしても一緒に楽しめます。
<作り方>
  1. シナモンは半分に切って、フルーツはスライスし、ピッチャーに入れます。
  2. 砂糖とジュースもピッチャーに入れて混ぜ、ルイボスティーまたは赤ワインをお好みで量を調整しながら入れます。
  3. 冷蔵庫に入れ、最低でも1晩置きます。
  4. (あまり漬け過ぎるとフルーツから苦味が出るので、その場合はフルーツは引き上げます)
  5. フルーツとともに透明のグラスに注ぎます。
  • 無料サンプルプレゼント
  • 初めての方に!お試しセットがオススメです!
  • 送料無料商品はこちら

ページトップへ